あはよくば50

50歳素人がブログを始めて、現在51歳

ブログ1記事に必要な時間: 初心者から副業ブロガーまでの完全ガイド

こんにちは、51歳ブログ初心者です。

 

 

今回はブログにかける時間について書こうと思います。

まず、ここ最近のアフィリエイトの調子ですが、

 

13日 約300円

17日 約2900円
18日 約14600円

20日 約3100円
21日 約1800円
22日 約22500円
23日 約900円

 

と、こちらはAmazonアソシエイトの売り上げです。19日は空きましたがその後は万単位もあり、2月は不調だっただけに、ここに来て初心者なりに調子を上げてきました。

 

売れる物も僕がブログやyoutubeで紹介した建築施工の資材の関連商品が多く、納得感もあります。

 

と言う訳で本題に戻します。今日もチャットGPTを半分使っての記事作成となりますがご了承ください。

 

 

 

楽天アフィリエイト

 

 

 

ブログを始めたばかりの方にとって、一つの大きな疑問を持っています。

「ブログ1記事を書くのに、どれくらいの時間を費やすべきなのか?」

 

 

 

この悩みは、初心者から副業ブロガーまで多くの人が抱えるものです。しかし、この記事を読めば、その疑問に対する答えが見つかります。具体的な時間の目安から、時間を短縮する方法まで、明るいブログ執筆の未来がここにあります。


前半部では、「ブログ1記事に必要な時間とその基準」について解説します。

後半部では、「時間短縮のためのツールとテクニック」をご紹介し、ブログ執筆の効率化を目指します。

 

 

 

 ブログ1記事にかける時間の真実

 

ブログ記事を書く時間は、多くの要因に左右されます。一般的な認識として、質の高いブログ記事を書くには数時間から数日かかると考えられがちですが、実際には、記事の種類、目的、そしてブロガーの経験によって大きく異なります。

 

初心者が知るべき時間の基準


初心者ブロガーの場合、リサーチ、執筆、編集、そして最終的な校正には、より多くの時間が必要になることが一般的です。初めての記事作成には、平均して5〜10時間程度かかると考えて良いでしょう。この時間は、リサーチの深さや執筆スキルの向上に伴い、徐々に短縮されていきます。

 

特化ブログと時間の関係


特化ブログの記事では、その分野の専門知識が求められるため、リサーチに更に時間がかかることがあります。しかし、一度その分野に精通してしまえば、効率的に情報を集め、記事を執筆することが可能になり、時間を節約できます。

 

 

 

 

副業ブログと時間のバランス


副業としてブログを運営する場合、本業とのバランスを考えながら効率的に時間を管理する必要があります。時間を有効に活用するためには、執筆スケジュールを事前に計画し、短時間で高品質なコンテンツを生み出す方法を模索することが重要です。

 

 

 

楽天アフィリエイト

 

 

効率的なブログ執筆のコツ


効率良くブログ記事を書くためには、事前に構成を練り、主要なポイントをリストアップすることが助けになります。また、集中力を維持するために、無駄な時間を避け、短期間で集中して作業を行う「ポモドーロ・テクニック」などの時間管理法を活用するのも一つの方法です。

 

結論として、ブログ1記事を書くのに「正しい」時間は存在しません。大切なのは、効率的な作業方法を見つけ、自身のペースで質の高いコンテンツを作成することです。経験を積むことで、自然と必要な時間を短縮できるようになります。

 

 


 ブログ1記事に必要な時間: 記事作成のステップと時間


ブログ記事を作成する過程は、ブロガーによって異なるステップが含まれますが、一般的には以下のステップに分けられ、それぞれに必要な時間も変わります。以下は、ブログ記事作成の主要ステップと、それぞれのステップにおおよそ必要な時間の目安です。

 

 

 

 

テーマ選定と研究


最初のステップは、記事のテーマを決定し、そのテーマに関する研究を行うことです。この段階では、記事の方向性を定め、書くべき内容に関する情報を集めます。このプロセスには、1~3時間程度かかることが一般的です。テーマが明確で、すでにその分野に精通している場合は、時間を短縮できる可能性があります。

 

 

ライティングと構成


次に、集めた情報を基にして実際に記事を書き始めます。このステップでは、記事の大枠を作り、段落ごとに内容を充実させていきます。記事の長さや複雑さにもよりますが、一般的には3~6時間の作業時間を見積もっておくと良いでしょう。

 

編集と最終チェック


執筆が完了したら、編集と校正のプロセスに移ります。このステップでは、文法や誤字の修正、表現のブラッシュアップSEOの最適化などを行います。編集作業には、1~2時間程度を見積もると良いでしょう。しかし、記事の質を高めるためには、編集にも十分な時間を割くことが大切です。

 

合計すると、ブログ1記事を作成するためには、大体5~11時間程度の時間が必要となります。しかし、これはあくまで一般的な目安であり、記事の内容やブロガーのスキルレベル、利用するツールによって大きく異なります。効率的な作業フローを確立し、経験を積むことで、よりスムーズに高品質な記事を生み出すことが可能になります。

 

 


ブログ1記事時間短縮: 執筆ツールとテクニック

ブログ記事を効率良く作成するためには、時間を短縮する執筆ツールとテクニックの活用が鍵となります。ここでは、記事作成時間を減らすための有効なツールとテクニックを紹介し、ブログ執筆プロセスをスピードアップする方法を解説します。

 

WordPressとその他のツールの活用


WordPressは、その柔軟性と使いやすさから多くのブロガーに選ばれています。記事の執筆、編集、公開を一元管理できるだけでなく、SEO対策やデザインのカスタマイズも簡単に行えます。また、GrammarlyやHemingway Editorなどのライティング支援ツールを使用することで、文法や表現のミスを減らし、読みやすい文章を作成することができます。

 

効率を上げるライティングテクニック


タイピング速度を上げることは基本中の基本ですが、それだけでなく、記事の構造をあらかじめ計画することも重要です。アウトラインを作成して主要なポイントを整理し、それに基づいて執筆を進めることで、迷いなくスムーズに記事を書くことができます。また、ポモドーロ・テクニックのように短い時間で集中して作業し、定期的に休憩を取る方法も効果的です。

 

 

過去の経験から学んだ裏技


経験から学ぶことは、ブログ執筆の効率化においても大切です。過去に書いた記事から、どのトピックが読者に受けたか、どのような構成が効果的だったかを分析し、次の記事作成に活かします。さらに、一度リサーチした情報はデータベース化しておくことで、同じテーマについて書く際に時間を節約できます。

 

楽天アフィリエイト

[rakuten:tsuruha:10098684:detail]

 

 

まとめ


ブログ記事の作成時間を短縮するには、適切なツールの選定と効率的な執筆テクニックの採用が重要です。WordPressや文書校正ツールの活用、アウトラインの作成、集中力を高めるテクニックの実践などを通じて、質の高い記事をより早く生み出すことが可能になります。経験を積みながら自身に合った方法を見つけ、ブログ執筆のスキルを磨いていきましょう。

 

 

今回はこれでおしまいです。

記事が良かったら、フォローといいねあると嬉しく思います。

それではまた。

 

書いた人・・犬楽園(いぬらくえん)

・建築関係の会社を経営している51才
趣味 健康管理、筋トレ(軽)とブログ。

自身の建築系youtubeは登録者4000人

 

他の記事もどうぞ

 

awayokuba50.hatenablog.com

 

 

楽天アフィリエイト